施工事例

照明器具・商品の開拓

2021.07.13

当社は「 設計と施工 」を一貫して行うことを「 強み 」の1つとしています。

その詳細として「 照明プラン・プレゼン資料の作成 」を自社で行っています。
これの優位性としては、ある1つの照明メーカーにプラン全体を左右されないということになります。

詳しく説明しますと、電気工事会社が照明のプランを行う場合は特定のメーカーに照明器具の選定とプレゼン資料の作成を依頼するのが一般的です。
そうすると、当然ながら依頼を受けたメーカーのみの商品でしか照明プランが出来上がりません。
しかし当社では、プレゼン資料を独自に作成することで あらゆるメーカーの照明器具を自由に選定することができます。
そのためにも「 お客様に最良のものを 」ご提供できるように、国内の有名メーカーだけに留まらずより良いモノであれば自社のプランに取り入れようと様々なメーカーの商品を開拓すべくアンテナを張っています。

そこで、今回ご紹介するのは アンビエンテック社 「TURN」という照明スタンドです。
この「TURN」については、独自の仕入れルートの確立は出来ていないのですが、あまりにもデザインが素敵なので、某セレクトショップから購入してみました。

秀逸なのは、なんと!? コードレスで使えちゃいます。
リチウムイオンバッテリーが内蔵されているため、そのまま充電スタンドから取り外して持ち運びが出来るようになっています。
お家の好きな場所での読書や、食事の際にテーブルスタンドとして使用することで、少し贅沢で新しいスタイルとして活用できるのではないでしょうか。
今回購入したのは「ステンレス製」ですが、この他に「真鍮」と「アルミ製ブラック」の3種類があります。

詳しくはメーカーのホームページをご覧ください。
Ambientec  アンビエンテック社

但し、上の写真ではメーカー付属のコードとACアダプターが純正のものではなく、当社で少し工夫をしています。
メーカーの付属のコードだと ↓↓ このようになります。

置く場所にもよりますが、付属のコードだと少し長すぎたり色が目立ったり。ACアダプターだと少し大きいですかね。( やむを得ませんが )


実際に置いているのは当社のミーティングルームです。「埋込式のUSBコンセント」が取付けてあるのでACアダプターが不要になります。
「埋込式のUSBコンセント」はスマホの充電などの際にもスッキリと見せることができ、最近では当社施工物件のオフィスや住宅などでも設置されることが増えてきています。

コードを短くし、色も目立ちにくい白に。またコードが全面にふくらまないようL字型の方向変換アダプタで見た目をスッキリさせています。
折角の美しいデザインのものですから、こういったところまで気を使いたいですよね。

今回ご紹介のアンビエンテック社製「TURN」いかがだったでしょうか?
お家の中のちょっとした演出に使ってみると ”日々の暮らし” がより豊かに感じられるかもしれません。

施工事例一覧

↑
© 2020-2021 New Media Engneering Inc.